Mail TEL:03(3921)9410

TOP > 法人の法務相談

【法人・個人事業主の法務相談について】

契約書作成支援・契約書レビュー
リーガルリスク・マネージメント
法務部門のアウトソーシング
法人運営支援
著作権登録手続支援
事業承継
資本戦略
契約書強化支援
各種会社・法人設立支援
各種許認可取得支援

当事務所で提供させて頂くサービスは、法令で定められた行政書士の業務範囲のものです。
法定の職域を超えてしまうおそれがある場合には、
弁護士・税理士・司法書士等の他士業と連携して業務を遂行してまいります。

【契約書作成支援・契約書レビュー】
企業活動において、各々の取引の内容を書面にて確認し、企業の権利を守り、将来の無用な紛争を防止するためには、適切な内容の契約書を作成することが重要です。新しい契約書の作成だけでなく、既存の契約や取引の相手方の持ち込んだ契約書のレビューなどを、支援させていただきます。

【リーガルリスク・マネージメント】
企業において、いったんリーガル(法的)リスクが発生し、そのために裁判ともなると、多大な時間とお金が掛かり、裁判に勝ったとしても完全なる満足が得られない場合も多いのが現実です。すなわち、今日の裁判は営利を追求する企業活動においては不合理であり、裁判は出来れば避けるべきものです。そのためには、日頃から企業活動に内在する法的危険を発見し、その影響度合を計るとともに、法的危険を除去あるいは危険が現実化した場合の影響を最小限に食い止めるための施策を用意し、その結果を検証していくことが必要です。そこで、リーガルリスクの発見、その影響の計測、対応策の立案、効果測定などの各段階を実効的に行うことが可能となるように、支援させていただきます。

法務部門のアウトソーシング・法人運営支援
中小規模の企業においては、社内に独立した法務部を設けることは経済的でなく、また、弁護士事務所に依頼するには高額な顧問料が発生します。そこで、企業が法令を遵守しながらも営利活動に集中できるように、法令で要求されている作業、すなわち、株主総会議事録や取締役会議事録等の作成や定款変更に伴う書類の作成や契約書の作成・レビューなどを、パッケージで、あるいは個別案件ごとに、支援させていただきます。

【著作権登録手続支援】
著作権は、著作物が創作された時点で自動的に著作者に付与されます。また、著作物が公表されたり譲渡された場合に、第三者に当該権利を主張するためには、文化庁に登録することが必要になります。そこで、企業活動において発生する著作権に係わる様々な契約書の作成や著作権の登録などを、支援させていただきます。

お問い合わせ

【事業承継】
中小企業における年間廃業社数は約29万社であり、そのうちの約7万社が後継者不足を理由とする廃業であるといわれており、早めの事業承継対策が必要です。後継者へのスムーズな承継を実現するためには、時間的余裕をもって、種類株式の活用や遺言などを有効に活用し、後継者へ事業用資産を集中させなければなりません。そこで、会社法や民法、租税法などを柔軟に活用し、各々の会社の現状や将来の見通しにあった事業承継プランを作成し、実行に移すための支援をさせていただきます。

【資本戦略】
企業はその規模の大小に拘らず、より繁栄するため、あるいは繁栄を持続させるためには、その置かれた様々な状況を反映した資本戦略が必要です。そこで、増資・減資、資本提携、合併、事業譲渡等の戦略立案及び実行の支援をさせていただきます。

【契約書強化支援】
契約書は、一度締結されればその後放置されるべきものではなく、その後の環境変化等を反映して、危険を軽減するために、また、より優位な立場に立つために、適宜見直すべきものです。そこで、戦略的法務とも呼べる契約書強化の立案・実行の支援をさせていただきます。

お問い合わせ

【各種会社・法人設立支援】
株式会社・合同会社(LLC)等の会社やNPO法人・医療法人等の法人、あるいは有限責任事業組合(LLP)の設立を、定型的な処理ではなく、将来を見据えた、そして、各々の案件に最も相応しいものとなるように、支援させていただきます。

【各種許認可取得支援】
建設業・宅地建物取引業・風俗営業等の許認可を得るための支援をさせていただきます。

お問い合わせ
早川法務事務所がお勧めする「予防法務」とは

事務所概要予防法務とは個人の法務相談法人の法務相談ご契約の流れ料金の目安お問い合わせ個人情報保護サイトマップ